神田古本まつり

1_dscf10202_dscf10083_dscf10228_dscf1010     9_dscf1015

 

古本の街として有名な神田神保町で、今年で57回目を迎える「神田古本まつり」が開催されました。近年は東京名物としても知られていて、日本全国だけでなく海外からも多くの本好きの人達が訪れています。
靖国通り沿いには100万冊に及ぶあらゆるジャンルの本が並び、本の回廊を作り出しています。
出かけてみたら掘り出し物やお宝本と出会えるかもしれませんね。

神田神保町の古本屋は靖国通りの南側に多いのをご存知ですか?
お店が北向きになるので、日焼けなどで本が傷まないようにするためだそうです。

 

奉納菊花展

1_dscf1005

2_dscf0986

31_dscf098132_dscf0991

41_dscf100342_dscf0979

 

靖国神社では、春と秋の年2回例大祭と呼ばれる行事が行われます。

10月から11月にかけては、靖国神社菊花奉納会加盟の4団体の奉仕による菊花展が
行われていて、多数の色鮮やかな大輪の菊花が厳粛な例大祭に彩りを添えています。

色とりどりの大輪の菊が並び綺麗です。秋を感じるひと時でした。

築土神社の祭り

1_dscf09212_dscf0945
86_dscf092485_dscf094684_dscf093483_dscf092882_dscf092581_dscf09493_dscf09374_dscf0929

 

9月10日に九段下にある築土神社の神幸祭が行われました。
神社から宮出しされた神輿が、各町内会の法被を着た勇ましい担ぎ手により、九段二丁目、富士見一丁目、富士見二丁目、飯田橋、九段一丁目を巡って築土神社へと。
子供達も山車をひいたり、子供神輿を担いだりと一生懸命頑張りました。
子供達の和太鼓の演奏があったり、夕方からは縁日も行われたりと、楽しい秋祭りの一日となりました。

[築土祭り]  http://www.tsukudo.jp/tsukudo2.html

 

 

 

ひまわり

1_DSCF0893

3_DSCF0903
日陰でくつろぐ人達

4_DSCF0899

 

処暑(しょしょ)も過ぎ、だんだんと暑さもおさまり、朝夕は心地よい涼風の時季ですが、空には夏を想わす大きな白い雲が。
台風の合間の晴れた日に東御苑へ行ってきました。

東御苑には「はるかのひまわり」と名付けられたひまわりが数輪咲いていました。
このひまわりは阪神・淡路大震災で犠牲となった少女の家の跡地に咲いたひまわりで、
平成17年1月阪神・淡路大震災の10周年追悼式典に神戸を訪ねられた天皇皇后両陛下へ
遺族の方がその種子を差し上げ、両陛下が御所のお庭でお育てになったひまわりから採れた
種子を宮内庁に下さったものだそうです。

 
2_DSCF0892

ビアガーデンでの納涼会

1_DSCF0826
世界のビール博物館のテラス

2_DSCF0847
テラスからのスカイツリー

3_DSCF08303_DSCF0831

4_DSCF0843

5_DSCF0834
食べたり、飲んだり、騒いだり
暑さやストレスを発散できたかな?

6_DSCF0857
テラスでの集合写真

 

ムシムシ、ジメジメ、暑いこの時季には冷えたビールが一番!
ということで、先日社内納涼会を開催しました。
場所はソラマチ7階にある「世界のビール博物館」
スカイツリーや7階からの夜景を眺めながら、冷たいビールを飲むぞ~
と思っていたら、日中降った大雨のせいで室内の席へ。
残念ながら席からのスカイツリーは楽しめませんでしたが、テラスから
見上げたスカイツリーは高くそびえて圧巻でした。
食べたり、飲んだり、騒いだりと日頃の暑さやストレスを十分に発散できました。

7_DSCF0870

靖国通りの七夕飾り

1_1467679792821
専大前交差点

2_1467633537372
神保町古本屋前

3_1467679789910

4_1467633606522
銀行前の短冊、私もお願いしたい!

 


ささの葉 さらさら
のきばに ゆれる
お星さま きらきら

都内で天の川を眺めるのは難しいですが、靖国通りの九段下~須田町の商店の前に
100本もの七夕飾りが飾られています。
色とりどりの短冊には、夢や願い事がたくさん書かれていて結ばれています。
夕涼みを兼ねて見て歩くのも楽しいです。

5_1467717084082
願いが叶うといいね!

馬琴の硯の井戸跡

DSCF0809
九段北一丁目交差点

DSCF0815
九段北一丁目交差点を首都高方面に向かったマンションの一画の石碑

DSCF0819
マンションの中庭

 

今回は弊社からすぐにある東京都の旧跡をご紹介します。
弊社近くのマンションの中庭に、東京都の旧跡に指定されている「馬琴の硯(すずり)の井戸」があります。
南総里見八犬伝の作者である滝沢馬琴が、この井戸で硯に水を汲み筆を洗ったことから「硯の井戸」と呼ばれるようになったそうです。
滝沢馬琴は江戸時代の著名な小説家で、寛政5年(1793)の27歳の時から58歳まで、当時飯田町中坂と呼ばれたこの地に住んでいました。

東御苑のサツキ

2_DSCF0730
菖蒲田近くのサツキ

1_DSCF0732
奥に見える菖蒲田とその近くで咲いているサツキ

3_DSCF0736
菖蒲田の花菖蒲

 

東御苑内にある諏訪の茶屋は、明治時代に吹上御苑に建てられ、ご休所として使われていた茶屋を移設したもので、茶屋の前方には春になると赤や白、ピンクのつつじが一面に咲きます。
残念なことに今年はもう終わってしまいましたが、今は二の丸庭園の一角にある菖蒲田近くにサツキが綺麗に咲いています。
菖蒲田には、明治神宮の菖蒲田から株分けされた84品種の花菖蒲が植えられていて、あと何週間かすると花菖蒲が見頃を迎えます。

外濠公園の桜

1_DSCF0699
桜を眺めながらの通勤風景

2_DSCF0697
車窓から眺められる外濠公園の桜

3_DSCF0680
花見の場所取り御苦労さま!

 
九段下周辺の桜の名所といえば千鳥が淵や靖国神社が有名ですが、JR飯田橋駅から市ヶ谷駅、四ツ谷駅まで続く外濠公園の桜も見事です。
外濠公園には約240本の桜が、JR中央総武線(各駅停車)に沿って植えられているため、
車窓から眺める桜を毎年楽しみにしている人達も多いのではないでしょうか。
この時季、公園の遊歩道脇には花見の場所取りが繰り広げられています。
満開の時季を過ぎると、桜の花びらが一面外濠に浮かんで違った桜を楽しむこともできます。

9_DSCF0687

 

 

東京マラソン

1_DSCF0618
飯田橋から九段下へ向かう目白通り

2_DSCF0624
飯田橋一丁目交差点

3_DSCF0642
日比谷から銀座へ

5_DSCF0649
数寄屋橋交差点

 

2/28(日) 東京のイベントのひとつ、東京マラソンが開催されました。
37,000人のランナーが東京都庁をスタートし、東京の名所を回りながら東京ビックサイトを目指し、42.195㎞を走りぬけました。
会社近くからも目白通りから靖国通りへと走るランナー達を沿道から応援することができました。
今年は一般ランナーの抽選倍率が過去最高の11.3倍と、東京マラソンへの関心がうかがわれます。
弊社にも応募している社員がいるようですが、当選したという話はなかなか聞きません。

 

8_DSCF0646
お父さんは完走できたのでしょうか(?)

9_DSCF0650